So-net無料ブログ作成

松本潤さんNHKドラマ初出演の「はじまりの歌」とは? [芸能ニュース]





松潤こと嵐の松本潤さんが
NHKドラマ初出演だそうですね^^

って、実に意外です、私にとっては(笑)

あんなに人気のある人が
NHKのドラマにまだ出ていなかったなんて
ちょっと信じがたいくらいです(笑)

ファンの人には
「そんなことも知らないの?」
なんて怒られてしまいそうですが。
(すいません^^;)

で、その「はじまりの歌」ってどんなドラマなのか?

私、ちょっと調べてみましたよ^^

2010年と2011年の紅白歌合戦で嵐が歌った、
放送作家・小山薫堂さん作詞の「ふるさと」という歌



が「はじまりの歌」のモチーフになっているそうです。

ふるさとの大切さをしっかりと気付かせてくれる素晴らしい歌詞で、
紅白で嵐の皆さんが歌ったのを聞いた視聴者の皆さんは
すごく感動したはずです、「ふるさと」は^^

ちなみに「ふるさと」が
今年2013年のNHK全国学校音楽コンクール(10月全国大会)で
小学校の部の課題曲に選出されたことと、

コンクールが80回記念大会であることから、
「はじまりの歌」としてドラマ化が決定したようです^^

松本潤さんは、
教師を頑張って目指していたが、
残念ながら夢叶わず、

生まれ育った田舎を、つまり「ふるさと」を飛び出し、
東京で旅行雑誌のフリーカメラマンになった青年・航(わたる)を演じるようです。

せっかく東京に飛び出したにも関わらず
東京でも一人前になることが出来なくて、

上司から航のふるさとでの撮影を命じられ、
航が故郷に帰るところからドラマは始まるようです。

そして、ふるさとに帰り、
地元で合唱コンクール出場を一生懸命に目指す小学生のみんなや、

榮倉奈々さん演じる航の元恋人の小学校教師や、

同級生や家族と触れ合うことで、
少しずつ教師になりたい夢を取り戻していくというお話のようです^^

ドラマ制作側は、
『人生を再考するナイーブな青年を魅力的に演じられる役者』ということで、
松本潤さんに出演を依頼したようですが、

たしかに、言われてみれば
松本潤さんくらいの年齢の男性で

『一度夢を失ってしまった心の弱さがありながらも
もう一度夢を追いかけるように成長していける男性』を
演じられる俳優さんは
松本潤さん以外に今のところはあまり考えられないかな、
という感じですよね^^

ちなみに松本潤さんはドラマ内で
「ふるさと」と「気球にのってどこまでも」のピアノ伴奏に挑戦するようです^^

・・・ナイーブな男性どころか
ものすごくカッコイイ男性になっていっている気がするのは
果たして私だけでしょうか?(笑)

また、松本さんは

「カメラマン役でありながらピアノの伴奏をするシーンもあるので、
どちらもしっかり準備をして撮影に臨みたいと思っています。
力を合わせて歌う合唱の楽しさ、
歌の力を感じていただけるように頑張ります」

と意気込んでいらっしゃるようですが、

やることが多くて大変なうえに
他にも出演番組が多くて大変でしょうから
くれぐれも無理はしないでほしいなと思いますね^^;




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。